医療事故をなくしたい

私の叔母は整形手術を受けました

私の叔母は、社会福祉施設を経営していて市内でも有名な人で独身です。毎年その施設で行われる収穫祭では、障害者や職員と一緒に和太鼓を叩いています。

叔母もいい年なので綺麗になりたかったのか収穫祭1週間前に、簡単な整形手術を受けたいと姪である私の家に相談に来ました。インターネットで探していると、鼻を高くする手術は「鼻の内側から最新のプロテーゼを入れるだけなので1日で終わります。」、二重瞼にする手術で「メスを使わないので傷や腫れの心配もなく最新の麻酔法により無痛です。」、脂肪吸引は「メスを使わないため、傷の心配はなく入退院の必要はありません。」とあったクリニックを見つけました。叔母は喜んで、すぐに私の家からそのクリニックに電話をかけ、月曜日に予約をしていました。

叔母は顔と目の上の脂肪吸引、二重瞼にすること、鼻を高くすること、目の下の皺取りなどを相談して火曜日に手術が行われたようです。しかし手術の翌日、叔母は上瞼が腫れて、顎の下に内出血のようなものができていました。

木曜日の太鼓のリハーサルには行けませんでした。土曜になっても瞼の腫れは治まらずに日曜日の本番もあきらめました。それから数日後には腫れも引いてきて、顎の内出血も目立たなくなってきていますが、私がネットで見つけたクリニックでこんなことになり申し訳ないと思っています。叔母はかなり怒っていて、いまは近づけない状況です。医療事故として訴える用意をしていると近所の人から聞いています。

Posted 2016/08/19

ピックアップ記事一覧へ